ある私の尊敬する方は、もう何年もタイに住んでおり、色んな国での生活を経ている方でもありますが、

その方が仰られていた言葉に、とても笑ってしまったことを書きます。
『タイ人の眉はイモトか!!って思う。』
タイ人の眉は、皆綺麗に書いている人を多く見ます。
ここ、タニアは、メイクをバッチリしている女の子が多く、眉の書き方をまじまじと見ています。
初めは、タイ人の眉について、「変だな」と思ったのです。
正に、習字の「払い」の様で、書きました感が物凄くて、顔より眉毛に目が行ってしまっていました。
もう、数ヶ月経ちますと、何も違和感もなく、寧ろ、寧ろ、、、、
写真を撮っていただいた時に気付いてしまいました。
自分が、そうなっていることを。。。。(-_-;)
自分が『イモト』の眉になっていました。怖いですね。何事も、順応していくのですね。
何事も、順応していくというのは、ある意味、他に行くとしてもまた、初めから始まってその環境に染まる。
あるお客様は、何年もバンコクに住んでいるので、いつか日本に帰ることになったら、
働いていけないのではないかと心配する事を仰られていました。
こちらのお客様は、皆様、バンコクが大好きな方が多いです。
こちらに来て間もない方々は、『日本に帰りたくない』と皆様お話しています。
その数の多さは、9割です。皆様そう仰られているので、大体、バンコクは住み良い街なのだと思います。
好きな街だという事は、その街の風習や、その土地の環境が、自分のものになってしまうという事ですよね。
自分も日本で働けるかもしれないけれど、今の10分の一程、口を慎むと思います。www
バンコクでは通用する事でも、日本では有り得ない事が山程あります。
楽だという事は、難しいことには戻りたくないと言う事ですね。
自分が日本から、バンコクに来る際には、お客様や友人に報告します。
人は皆、『凄いですね』と言いました。異国の地で挑戦するという事に、
凄いとお褒めのお言葉をいただいたのが、蓋を開けてみると、
日本に居る方が、『凄い』のかもしれません。(汗)
今はそう思います。
どちらが凄いと評価するというのも、勝手な主観ですね。
順応することは良いことだと思います。でも、日本人の前では日本式を貫かなければ、
ここバンコクでは、全ての人に適応できないかもしれません。
その時その時で意識をカメレオンの様に、自由自在に変更し、外見も内面も、
其処此処で、調整しようと思いました。
日本人は日本人である事の意識は変えないで、ポリシーとして持っておきたいですね。
(先日まではタイ人の感覚になりたいと思っていましたが、色んな方のお話を聞き、
日本人として見られるのだから、それは忘れてはいけないことだと思いました。)
眉のアップの写真は、アイシャドーしている人はタイ人男性で、してない人はタイ人女性です。www
ある意味、日本の宝塚みたいですね。(^_^;)
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
お問い合わせは。。。
LINE ID atama_hairsalon_jp
連絡先携帯番号 06-3167-1500
ご予約のお電話は、こちらの番号でしたらいつでも構いません。
ホームページの固定電話は、営業時間帯でのご対応になります。
お急ぎのご予約は、この携帯電話でご対応いたしますので、よろしくお願い致します。
LINEも、お気軽にご登録お願い致します。(^O^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA