スイカは全体の90%水分でできていて、残りの10%は糖分でできていると言われていて、その中には色々な成分が含まれています。

代表的な成分は

【リコピン】

リコピンとはカロテノイドの一種で、トマトやスイカ,ピンクグレープフルーツなどに含まれる脂溶性の赤い色素で、癌や動脈硬化などを彦起こす原因と言われている活性酸素を抑制してくれる働きがあります。カロテノイドとは自然に存在する色素のことで、カロチノイドと呼ばれることもあります。緑黄色野菜に多く含まれている成分です。カロテノイドは、活性酵素を消す抗酸化力が強いのが特徴で、代表的なものとしてはαカロテンやβカロテン,ルティン,リコピンなどがあり、その中でもリコピンは抗酸化力が強いのが特徴で、βカロテンの2倍、ビタミンEの100倍の抗酸化力を持つと言われています。

【シトルリン】

近年注目され始めたシトルリンは、きゅうりやスイカなどの野菜に多く含まれているアミノ酸の1つで、他の果物や果実にはほとんど見られない成分です。体内で一酸化炭素を作り出す効果があり、体内の有害物質や老廃物などを体外に出してくれる働きがあります。また、利尿効果にも期待でき、抜け毛や薄毛の予防にも良いみたいですが、即効性がないため長期的に摂取することが重要で、1日あたり約1000mg程度の摂取が必要なんだそうです。

【カリウム】

カリウムは、必須ミネラルと呼ばれる16種類のミネラルの中の1つで、ナトリウムを体外に排出する働きをするほか、血圧を下げるといった働きがあります。カリウムは体内で水分調節をして細胞の浸透圧を維持したり塩化ナトリウムの排出、筋肉や神経の働きを正常に保つといった作用があります。余計な身体の塩分を尿として出す働きがあり、必須ミネラルは生命を維持するために重要な栄養素なので、カリウムも私たちの健康にとって必要な栄養素になってきます。スイカの実の部分だけではなく、皮や種にも含まれているそうです。実は、今まで食べられることなく捨てられていたスイカの種には豊富な栄養分が含まれているんです。

【植物性脂肪酸】

皮膚炎や動脈硬化の予防ができるそうです。ただ、過剰摂取してしまうと様々なアレルギー症状のリスクが上がってしまうと言われているため、過剰摂取は控えるようにしたほうがよさそうです。

【リノール酸】

必須脂肪酸の1つで、こちらの成分は体内では作ることができない成分なんです。肌本来の保湿力を上げてくれたり、炎症なども和らげてくれる働きがあるそうです。ベニバナ油から抽出されたリノール酸Sは、美肌効果が期待出来る成分として認められています。

【タンパク質】

タンパク質も必須栄養素の1つで、筋肉、臓器、皮膚、毛髪、血液などの大部分はタンパク質で構成されているんです。食品中に含まれるタンパク質は、体内でそのまま利用することができないため、体内で消化されてアミノ酸に分解されます。アミノ酸に分解された後、肝臓に送られて蓄えられ、肝臓からアミノ酸が体内の各組織に送られるんです。送られてきたアミノ酸から体に必要なタンパク質が合成される仕組みになっています。髪の組織を形成する重要な成分で、髪の成長に必須な栄養素の1つです。

【モリブデン】

モリブデンの人体に欠かせない効能は、溜まってしまった銅を排泄することです。銅は肝臓や筋肉、骨などの重要な箇所に満遍なくあるのですが、銅が不足すると貧血になったり、逆に銅が多くありすぎるとウィルソン病のように若年で肝硬変になってしまったりもします。銅をうまく排泄して体内の調節をしてくれるのがモリブデンなんです。腎臓や肝臓にあるミネラルで、食道がんや貧血予防にも良いとされています。スイカには実の甘い部分だけではなく、種や皮にもたくさんの成分が入っていたんですね。

atama-59

これからは種は捨てずに乾燥させて、塩で炒めて食べても良いかもしれません。ピーナッツみたいな味がするのでぜひ試してみてください。

スイカの栄養素と効能について書かせていただいた通り、スイカには多くの健康に良いと言われる成分が含まれていて、美容にもとてもいいんです。肌にいいと言われているビタミンCも入っているので、しみ、しわ、そばかすや老化防止や美白効果にも良いと言われています。スイカに含まれるカリウムやシトルリンには、むくみや冷えをとってくれる作用があり、女性は足がむくんでしまい、下半身がパンパンになるという人が多いと思いますが、是非スイカを食べてむくみを解消しましょう。スイカは水分を排出してくれる効能もありますが、そのほとんどが水分であるため、カロリーも低く、ダイエットにはもってこいの食品の一つなんです。また、アンチエイジング(老化防止)というともっと他の食品を思い浮かべがちですが、シトルリンは血管の老化を防いでくれたり、脳内の血流を良くしてくれる働きがあるので、脳の血流が良くなるということは、脳が元気になるということなんです。アルギニン酸による老化予防もあるように、スイカでもアンチエイジングが期待できるんです。

atama-35

最近スイカを食べてない方は是非この機会にスイカを食べて美容やアンチエイジングに役立てていただけたらと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA