バンコクATAMAヘアーサロンの和食イメージ

あまり辛いものは食べられないのですが、タイ料理はすごく大好きです。ただ、やはり日本人なので特に体調が悪い時などは無性に和食が食べたくなってしまいます・・・。ミランダ・カーさんやヴィクトリア・ベッカムさんやマドンナさんなども和食を食事に取り入れているそうで、和食が世界中で人気なのは有名なことですね。抜群のプロポーションで活躍し続ける裏には、和食の影響もあるのかもしれません。「和食」は2013年にユネスコ無形文化遺産にも登録されているんです。

それでは、和食の良さとはなんなのでしょうか・・・。

バンコクATAMAヘアーサロンの和食イメージ

【食事の栄養バランスがとても良いんです】

海、山、里と表情豊かな自然が広がっているため、各地で地域に根差した多様な食材が用いられています。一汁三菜を基本とする日本の食事スタイルは理想的な栄養バランスと言われているんです。それに、低脂肪、低カロリー。特に女性は気になるカロリーですが、和食は米を主食として、野菜、魚介類と海藻メインの食材です。日本古来の自然の産物は、多量の食物繊維を含み、肉食文化が強い海外の食事に比べると脂肪分が少なく、カロリーが低い食事が多いのも和食の魅力のひとつですね。

バンコクATAMAヘアーサロンの和食イメージ

【見た目の美しさもとても大切です】

食事の美味しさはもちろんですが、なにより和食の素晴らしさは、見た目の美しさだと思います。和食に大切なのは、五法・五味・五色・五適・五覚とされていて、季節や食材、調理法、見た目の美しさやお客様の人数、好み、もてなしの心と感謝の気持ち・・・全てがバランスよく折り重なり、美しさを演出するのが「和食」なんです。

【日本の代表的な食材】

バンコクATAMAヘアーサロンの和食イメージ

<納豆>

匂いがダメな方、味がダメな方も結構いて、好き嫌いがはっきり分かれてしまうかもしれませんが、納豆は肌が綺麗になる!動脈硬化を予防する!免疫力を高める!など様々な効果があるので、本当は毎日摂取したい食材ですね。

バンコクATAMAヘアーサロンの和食イメージ

<お米>

日本食の主食である米はエネルギーの元となる炭水化物はもちろん、ビタミンやミネラル、食物繊維など豊富な栄養素が含まれているんです。それに表面を削り取る前の玄米はさらに優れた栄養素を持っていて、白米に比べて噛みごたえがあることから、満腹感が得られますしアゴの筋肉も鍛えられるなど良いこと尽くしなんです。糖質制限ダイエットなどでご飯を食べない方も増えているようですが、極端な食事制限は健康的とは言えなくなってしまいますので、十分に気をつけてくださいね。

バンコクATAMAヘアーサロンの和食イメージ

<海藻>

わかめや昆布をはじめとした海藻類も和食には欠かせない食材のひとつで、多くのミネラルを含み、栄養価的にも積極的に取り入れたいものですね。海藻を食べるのは世界的に見ても日本人くらいらしいのですが、もし海藻が苦手だという場合には、料理の出汁として使ってみてもいいかもしれません。

バンコクATAMAヘアーサロンの和食イメージ

<梅干し>

時に女性にとって嬉しい効果の多い梅干しですが、梅干しは整腸作用により便秘の解消に役立ち、結果として肌荒れを防ぐことにもつながるので美容効果も高いんです。疲労回復効果もあるため、1日1個梅干しを食べるようにすると、毎日を元気に過ごすことができるかもしれません。

バンコクATAMAヘアーサロンの和食イメージ

<焼き鮭>

焼き鮭はスーパーアンチエイジングフードとも呼ばれていて、鮭の赤い身に含まれるアスタキサンチンは抗老化にすごい適切なんです。また、オメガ3脂肪酸は中性脂肪を減らす働きがありますので、頭皮を健康的に保つためにも効果的だと言われています。鮭を皮ごと食べることでコラーゲンも摂取することができるので、丸ごと食べるのが良いと思います。

バンコクATAMAヘアーサロンの和食イメージ

<味噌汁>

多くのメリットをもたらしてくれる発酵食品の味噌を使った味噌汁は和食を代表するメニューの一つですね。最近ではスムージーやヨーグルトなども人気が高くなってきていますが、スムージーやヨーグルトは体を冷やしてしまうことがあるので食べ過ぎには注意が必要です。味噌汁であれば、体の中から温めることができますし、野菜や海藻、きのこ類など様々な食材を一緒に摂ることもできるため、栄養価も体を満足させることができると思います。

バンコクATAMAヘアーサロンの和食イメージ

【和食が健康に良い理由】

食材の栄養素を壊さずに食べるためには、生で食べるのが一番なんです。生の魚をそのまま切って刺身にするのも和食独特の文化といえますね。馬肉を薄く切って生で食べる馬刺しも日本料理のひとつです。生卵は海外ではほとんど食べられることはないみたいですが、最近、生卵を食べる外国人の方も増えてきたそうです。また、味噌や醤油などの調味料も和食ならではの調味料ですが、免疫力や消化能力などを高めるために有効な発酵食品なんです。炭水化物の消化を促すための酵素食品のひとつで、整腸作用によって体内から綺麗にしてくれる万能な食材なんです。

バンコクにも沢山の日本料理店がありますが、素晴らしい和食を生まれながらに食べていたという事を海外に来て再認識しました。

日本の誇りですね。

2020年東京オリンピックの開催で「和食」がますます海外から注目されそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA