バンコクATAMAヘアサロンのハサミのイメージ

シザーケースには6本シザーを入れていて、シザー4本とセニング2本挿しています。

バンコクATAMAヘアサロンのハサミのイメージ

このシザーは、一番長く使っているシザーで一番愛着のあるシザーです。スタイルや髪質によって使い分けていて、このシザーはブラントの時やショートレイヤーのスタイル、メンズカットの時に使うことが多いです。

バンコクATAMAヘアサロンのハサミのイメージ

このシザーは基本ドライカットの時のみ使っていて、スライドカットやストロークカットをする時に使っています。何本もドライカット用のシザーを試しましたが、このシザーとの相性が良く、すごく使いやすくてお気に入りの1本です。

バンコクATAMAヘアサロンのハサミのイメージ

このシザーはパーマのアフターカットの時のみ使っています。パーマ後のスタイル修正にぴったりのシザーなんです。パーマをかけた後、レイヤーの入りが浅かったり、もたついてるところの修正をする時に最適なシザーなんです。

バンコクATAMAヘアサロンのハサミのイメージ

このシザーはワンレングスや刈り上げの時に使っています。7インチありますので、ワンレングスのライン出しや刈り上げの面を整えるのにすごく便利なんです。このシザーのおかげでワンレングスのタイムアップや刈り上げスタイルのタイムアップにつながっています。

バンコクATAMAヘアサロンのハサミのイメージ

このセニングは全てのスタイルに使っていて、毛先のぼかしや毛量調整、面のぼかしなどに使っています。目数は30目なので一般的な目数のものですが、すごく使い易いセニングなので長年愛用しています。

バンコクATAMAヘアサロンのハサミのイメージ

このセニングはカット率50%のセニングで、主に刈り上げの時に使っています。刈り上げのバランスを整えたりするのにちょうどいいんです。あんまり50%のセニングを使ってる方はいないかと思いますが、使用用途に応じてシザーやセニングを使い分けてる方には、すごく相性の良いセニングかと思います。

シザーもセニングもスタイルや髪質、ウェットカットやドライカットなどその時その時でお客様に合った物をチョイスしながら仕事をしています。使い分け大変じゃないの?と思われるかもしれないんですが、ずっとこのスタイルでやってきていますので、大変じゃないですし、お客様に合った物を使うのはプロとして当然かなと思っています。

毎日シザーの点検やお手入れをしていて、月に1度は必ず職人さんのところへメンテナンスに出していますので、シザーの調子が悪くなることもほとんどなく仕事に取り組めているので、日々のお手入れは大切だと思います。

お客様のご要望に合わせてハサミを選んで使用していくため、色々なスタイルに対応できますので、どんなご要望でもお気軽にご相談くださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA