ツーブロック、ウルフ、マッシュルーム、ネープレス、シークレットパーマ、束感などなどたくさんのヘアースタイルキーワードがありますが、メンズのヘアースタイルは今どんなスタイルが流行っているのでしょう。

atama-13

確か35年くらい前まではウルフが流行っていましたよね。

ショートにしてもミディアムにしても、サイド(もみあげ~耳上部分)を伸ばすスタイルが主流で、ネープ(襟足)を伸ばしウルフと呼ばれるスタイルが流行っていました。

しかし、月日が経つにつれてトレンドはショートに変わっていきましたね。

同じショートでも23年前まではもう少し全体的に長めの傾向がありましたが、今はもっと短いショートが流行っています。

atama-41

ツーブロックやネープレスと言って、一気に短くするのが特に今の流行りですね。

ツーブロックとは、もみあげ~耳上のサイド部分を刈り上げてしまうことで、ネープレスとは、襟足を短く前から見えないくらいまで短くすることです。(後ろも刈り上げるスタイルにすることも結構あります)

ツーブロックにも2種類あって、サイドを刈り上げてその刈り上げ部分を全体的に見せてしまうスタイルと、隠しツーブロックと言って刈り上げ部分を上の髪で多い被らせるスタイルがあり、今のトレンドは隠しツーブロックの方が圧倒的に多いです。

atama-1

刈り上げが見えなきゃ意味ないでしょ?と思われるかもしれませんが、耳上~もみあげの髪の毛がなくなるだけでかなりスッキリと見せることができるようになるんです。

髪の毛が多い方や膨らんでしまう方が一番気になってしまうのはサイドの部分だと思うので、このスタイルを取り入れると、ボリュームレスでスッキリとしたイメージを与えることができます。

twoblock

この隠れツーブロックは、ほぼどんなヘアースタイルにも適用できますし、今では大多数のメンズの方がこのスタイルにしていると思います。

ツーブロックには、ハサミでカットするツーブロックとバリカンで刈り上げる方法の2通りがあり、ハサミですと長さを調整することができるのがメリットで、バリカンだと決まった長さで均一に面を整えることができるのがメリットです。

襟足短めがトレンドになっている今、ネープレスという言葉を聞くことが多くなってきましたが、ネープレスをオーダーする際は隠しツーブロックとセットでのオーダーが多い印象があります。

サイドとネープの短いスタイルが流行っているので、今現在のヘアースタイルの人気は完全にショートのスタイルだと思います。

atama-14

最初に少しお話ししたウルフのスタイルは、10年以上前から数年前までたくさんのアレンジを加えながらメンズヘアスタイルの王者を君臨してきたヘアスタイルで、ジャニーズのタレントさん達まで肩に掛かるくらいの勢いで襟足を競っていた時代もあったかと思います。

そのような奇抜さを緩和するかのようにどんどん襟足は短くなっていき、ある程度コントロールしやすい長さではねさせたり、パーマをかけて遊ぶという形で洗練されていきました。

髪型の流行って面白いですよね。

一度流行ると他の人と同じ髪型にはしたくないという人たちが一定数いて、別のスタイルをトレンド化していくという、永遠のループで回っているんですね。

流行は数年で必ず変わりますから、トレンドを追っている方は常に目を光らせてチェックしていかないといけません。

ATAMAヘアーサロンでは、メンズのヘアスタイル、髪の悩み、髪質の事、なんでも承っていますのでお気軽にご相談くださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA