タイに来て少し経ちました。

タイ(バンコクのシーロム!?)の水質は、軟水ではなくて「硬水」です。
硬水が原因か確実ではありませんが、10日経って感じた事柄を書いていきたいと思います。
・硬水で髪を洗っているせいなのでしょうか、お客様の髪が硬い気がします。ハサミの開閉に力がいる様に。
・女性のヘアメイクが、とてもしやすい事。立ち上げから逆毛等が容易にデザインできる事。
☆☆☆
・何故か?こちらタイに来てから気分が良い事(自分自身)
硬水にはマグネシウムとカルシウムが多く含まれているので、健康になったのでしょうか。
フルーツのミネラルもありますね。
・多めに食べても太らなくなった事。以下抜粋
1.ダイエット効果が期待できる

硬水にはカルシウムが豊富に含まれています。カルシウムには脂肪の燃焼を促進、脂肪の吸収を抑制する効果があると言われています。また、カルシウムにはイライラを抑える効果もあるため、ダイエット中のストレスも軽減される、まさにいいことずくめの成分なのです。他にも、マグネシウムには基礎代謝を促進する効果があります。代謝が良くなるとはつまり、脂肪が燃焼しやすい身体になるということ。また、一度痩せた後もリバウンドしにくい身体になることを意味しています。2.便秘解消につながる便秘改善の効果も見逃せません。硬水にはマグネシウムが多く含まれています。マグネシウムの働きとして、胃腸を刺激して活発化すること、便を柔らかくする作用があることが知られています。実際に、便秘の人に処方される薬の代表的なものとして、マグミットと呼ばれる錠剤があります。こちらの成分が酸化マグネシウムであることを考えれば、マグネシウムがいかに便秘改善に効果的かわかるでしょう。

☆☆☆
髪の状態は水質によって、シャンプーが変わったり、薬剤を変えていかないと、
上手くキレイに洗えなかったり、カラー剤の色が入らなかったり、その様な現象が起こります。
水質を上手く利用して、様々な角度から見ると、デメリット以上に、メリットは結構あるのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA