10年程前に、みかんを食べ過ぎた事により、手や顔、全身が真っ黄っ黄になりました。www

皮膚科の先生に、『黄疸出てるよ』と言われ、βカロチンの摂取を止めなさいと言われました。
10年振りです。またやってしまいました。忘れていた頃に。。。(^_^;)
自分でもハッと気付いた時には、人から言われる位、酷い?相当黄色いということになります。
黄色くなる症状とは、『柑皮症』と言われるもので、βカロチンの摂り過ぎという。
はい。毎日食べております。
人参
パッションフルーツ
マンゴー
パパイヤ(少ない)
みかん
わかめ→これが、特に摂っていてβカロチンがある事知りませんでした。
唐辛子→これは、タイ料理にいっぱいですね。知りません。
赤ピーマン、パプリカ
ブロッコリー
毎日βカロチンばかりを摂取しております。
ウケますね。
止めろと言われても、止められないので、(止められるけどそんなに気にしていない)
食べますが、控えようと思います。
βカロチンの効能は、
皮膚や粘膜を丈夫にしたり、視力の維持や、がんの予防、免疫力の強化、アンチエイジングなど、健康を保つために重要な働きをする栄養素です。
シミをできないようにもしてくれます。
このお陰で、シミのないお肌を保てておりますが。。。健康で疲れ知らずですが。。。
バランスが大切ですね。
先日、お客様で、フルーツをお仕事にされている方が、いらっしゃいました。
それはそれはお話が盛り上がり、と言ってもこちらが一方的にテンションマックスで話しただけなのですが、
その方の肩を触ってみましたが、全くコリもなく、柔らかいフニャフニャの疲れ知らずの肉体をしており、
頭皮も若々しく、やはり、毎日フルーツを食べている方は、若くいられるのは一目瞭然ですね。
南国の人の薄毛が居ないのも、フルーツのお陰ではないかと睨んでいます。(^o^)
個人的な見解ですが、皮膚の健康を一番に保てる気がします。
何事もバランスですね。このまま様子を見ながら、フルーツは摂取していこうと思います。(^o^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA