なんかすごく暑くて、汗をかいている時は前髪がおでこについてベタベタして気持ちわるい時ってありませんか??
 男性の場合は、短くするのがそんなに抵抗がない人は、ばっさりカットしたらいいと思います。

 でも女性の場合は、そんなわけにもいかないと思います。でも長さを変えるのではなくて、分け目をつくって髪型のバランスを変えると顔周りの髪の毛が顔にかかりずらくなり、涼しげに見えてきます。

 意外と、女性も男性も、分け目を作るのがなんとなくイヤだという声をたまに聞きます。理由は、おでこが広く見えるとか、髪にボリュームがないように見えるとか、おでこのシワが見えるとか、いろいろ聞きますけど、意外と分け目を作ったほうが、顔が小さく見える人や、印象が明るく見える人もたくさんいると思います。
 もちろん、前髪を作って、そのままわけないほうが良い人や、そのまま下ろしたほうが良い人もいるとは思いますけど、いろんな考えがあるので紹介します。

 分け目を作ることでのメリットは、顔が縦長に見えてきます。なので、わりと丸顔の人とかは、分け目を作る事によって顔がシャープに見えてきます
    (なので顔の輪郭が、細長い人はあまり分け目を作らない方が良かったりします)
 あと、コメカミ辺りの髪の毛が細くなってきたなーと思う人達も意外と髪の毛をわけることで、細い髪の毛が一つにまとまり毛の存在感ができてしっくりくることもあります。
 前髪のデザインは、顔のかたちを大きく変えることが出来るので、何処で前髪を分けるのかによって、顔の印象がかなりかわってきます。
 そして、タイはやはり普通にとっても暑いのでおでこを出すだけで結構顔が涼しくなってくると思います。
 
 そして、分け目があることに抵抗がなくなってくると、手グシを入れて無造作なヘアスタイルをキープしやすくなります、髪は梳かして下ろすという感覚から、手でかき上げたり、動かしたりすることで、当たり前ですけど髪が動きますので、きちんとカットしてあれば、多少みだれても良い感じになります。
 楽に涼しげに髪型を楽しむのに、ちょっと分け目のある髪型もためしてもいいのではないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA