こんな事ってあるかも知れないけれど、

でもどうしてそんな事になったのか・・・(-_-;)
お店の壁を、破壊せざるを得なくなりました。
こういう事って、日本では有り得ないのかな?聞いた事がありません。
この壁を修理するのも、また勿体無いお話です。
13時頃から、猫の鳴き声が、何処からともなく聞こえてきます。
ずーっと鳴いています。同じ所で鳴いています。窓を開けても、猫はいません。
ドアを開けても何処にもいません。でもずーっと、鳴き続けています。
うーん。そのうち、何処かにいくかなぁ~と軽い気持ちでいました。
他のスタッフが出勤し、タイ語日本語が分からない二人は、お互いの母国語で話しながらwww
猫の鳴き声を追っては、首を傾げて、何度も何度も、探しました。
また、そのまま放置しました。暫く声が無くなったと思うと、
また、同じ所から聞こえてきます。
『これは閉じ込められている!!』
このまま放置したら、エラい事になる事は想像できます。
どうする事も出来ません。壁を壊すしか。。。(´;ω;`)
壁の向こうはどうなっているかも分からず、とりあえず、鳴き声がする所から穴を開けていきます。
開けてみても、また壁がある・・・
タイ語は分からないけれど、どうやら2匹居るそうな事を言っていて。
また今度は、大幅に壁をカットする事になり、ようやく、猫の居場所が見つかり、
一匹、可愛い、ちっちゃなちっちゃな赤ちゃん猫が、出てきました。
喜んでいるのもつかぬ間。
まだ、鳴き声は違う所から聞こえます。
また、奥深く、探し続けます。
出産みたいです。一人出てきても、次に出てくるのを待ちます。
30分位でしょうか。
もう一匹、同じサイズの赤ちゃん猫が可愛い可愛い顔して、出てきました。
ドラマチックで、どうなることやら心配になりながら、感動的ではあったものの、
後に残された見るも無残な剥がされた壁・・・
これはもう、いつになったらきれいに修復されるのでしょうか・・・
ここはタイなので、気長に待ちます。。。(・∀・)
そんな、こんなで、刺激的な日々は続きます。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA