カットについて ヘアーサロンアタマ バンコク

 皆さんこんにちは、今日は、縮毛矯正とストレートパーマの違いについてと、メリットやデメリットについて、説明できればと思います。
 
 まず、縮毛矯正とはなにかと申し上げますと、髪の毛を柔らかくして、ストレートアイロンで真っ直ぐにのばすというものです。
 
そして、ストレートパーマとは、ストレートのお薬だけで、癖をのばすというものです。 
  基本的に、ストレートの薬と、縮毛矯正の薬は、同じです。なにが違うのかと申し上げますと、ストレートアイロンを使って癖を伸ばすのか、それとも、ストレートのお薬だけで、癖を伸ばすのかの違いです。
 髪の毛には、シスチン結合とか、塩結合とか、ほかにもいろんな結合があります。
 ストレートのお薬を髪の毛に塗布することで、この結合を一度切ります、そして、ストレートアイロンの熱で、髪の毛を真っ直ぐにするのが、縮毛矯正です。
 縮網矯正のいい所は、湿気などでうねったり、縮毛矯正を一度あてた部分は、基本的に半永久的に、ストレートのままです。 でも、根元の髪の毛が伸びてくると、根元の髪の毛は、癖の状態でのびてきますので、結構癖が強い方は、早くて4ヶ月ぐらいでまとまりが悪くなった感じがしてくると思います。
  
 ストレートパーマは、アイロンとかはつかわずに、お薬だけで施術を行うので、正直そんなに癖は、伸びません。
 どちらかというと、パーマをとりたいときや、髪の毛のボリュームを押さえたいときに利用する事が多いです。
 縮網矯正は、湿気が多いと癖が出て髪がまとまりにくい人や、毎日ブローする時間がない人達、それと、とっても癖が強すぎてどうしようもない人達がやるといいと思います。 
 縮毛矯正のデメリットは、一度縮毛矯正をあてた部分は、パーマができない、とか、ブリーチが出来ないとか、普通の人に比べて、カラーの色が出ずらいとかありますので、縮毛矯正をあてる時は担当する美容師さんにいろいろ相談して決めたらいいと思います。
 タイで癖毛に悩んでいる方は、縮毛矯正は毎日のお手入れが結構楽になるのでお勧めだと思います。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA